障がい者の新たな就労の場として、農業分野への就労を促進するため、障がい者が受託可能な農作業のリストアップと支援体制の確立を目指します

地域人財プロジェクト > 鳥取発!農福連携モデル事業 > 活動報告 > こだわり野菜工房(ミニトマト)①

高校生のための「社会で生き抜く力」養成講座プロジェクト

「障がい者と農業のマッチング 鳥取発!農福連携モデル事業」をお気に入りに登録

livedoor Readerに登録して「障がい者と農業のマッチング 鳥取発!農福連携モデル事業」の最新情報を知る

はてなRSSリーダーに登録して「障がい者と農業のマッチング 鳥取発!農福連携モデル事業」の最新情報を知る

My Yahoo!に登録して「障がい者と農業のマッチング 鳥取発!農福連携モデル事業」の最新情報を知る

iGoogleに登録して「障がい者と農業のマッチング 鳥取発!農福連携モデル事業」の最新情報を知る

gooRSSリーダーに登録して「障がい者と農業のマッチング 鳥取発!農福連携モデル事業」の最新情報を知る

こだわり野菜工房(ミニトマト)①

作業の様子平成23年4月25日
こだわり野菜工房(米子市淀江町)のハウス内で、
ミニトマトの委託作業(栽培管理)が始まりました。
これから7月頃までミニトマトの栽培に係る様々な作業を
ワークセンターしんらいの皆さんが実施されます。

今日は、ミニトマトの苗の定植作業でした。
昨年のベビーリーフと同様、高設栽培での実施となります。
今回は2レーン(1レーン40m)にミニトマトの苗を植えていきます。
完成目印をつける等間隔で、左右互い違いになるように植えていきます。
最初に支柱をメジャー代わりにして目印をつける等工夫して作業を実施されました。

これから収穫まで、色々な作業を実施される予定です。
大きくなるのが楽しみです。