障がい者の新たな就労の場として、農業分野への就労を促進するため、障がい者が受託可能な農作業のリストアップと支援体制の確立を目指します

地域人財プロジェクト > 鳥取発!農福連携モデル事業 > 活動報告 > 松原農園(アスパラガス)①

高校生のための「社会で生き抜く力」養成講座プロジェクト

「障がい者と農業のマッチング 鳥取発!農福連携モデル事業」をお気に入りに登録

livedoor Readerに登録して「障がい者と農業のマッチング 鳥取発!農福連携モデル事業」の最新情報を知る

はてなRSSリーダーに登録して「障がい者と農業のマッチング 鳥取発!農福連携モデル事業」の最新情報を知る

My Yahoo!に登録して「障がい者と農業のマッチング 鳥取発!農福連携モデル事業」の最新情報を知る

iGoogleに登録して「障がい者と農業のマッチング 鳥取発!農福連携モデル事業」の最新情報を知る

gooRSSリーダーに登録して「障がい者と農業のマッチング 鳥取発!農福連携モデル事業」の最新情報を知る

松原農園(アスパラガス)①

シートを広げる平成23年4月26日
松原農園(西伯郡伯耆町)のアスパラガス畑で、委託作業(収穫~片付け)
が始まりました。
これから収穫に係る様々な作業を耆みらいの皆さんが実施されます。

ピンでしっかり固定

今回は、収穫に向けての圃場準備として除草シート敷きをされました。
このシートは草が育つ為に必要な日光を遮断するので、敷いておくだけで除草の手間が省けるそうです。
もうすぐ収穫あらかじめキレイにしておいた所にシートを広げて、ピンで固定していきます。
特に難しい作業ではないですが、隙間があるとそこから草が生えてきてしまうので、しっかり固定しなければなりません。

畑には大きくなり始めたアスパラガスがちらほら見られました。
収穫が楽しみです。